CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
Hands Of Time

6月6日は楽器の日だったりロールケーキの日だったりカエルの日だったりするようで、そんな今日の天気は快晴の中もう46歳になりまして、、、。

いつも毎朝は目覚ましにiTunesでランダムに曲をかけていて、今日選ばれた一曲目はトム・クルーズの「コラテラル」とかキーラ・ナイトレイの「ドミノ」の中で流れている「hands of time」



グルーヴ・アルマダと歌がリッチー・ヘブンス。リッチー・ヘブンスと言えばウッドストックて最初に演奏した人で、伝説の最初のウッドストックは1969年と生まれた年と朝から意味深く感じながら1日を過ごしていて。



いい事もあれば悪い事もある。
毎年言っているけど、、、
それなりになんとかやれているようです。

「実は」的なところで言うと、
身体の方は診察治療の結果は大腸癌だった。
癌と診断されたら100万!身の回りを整理してヨーシ!最後の旅に行くぞ〜!と思っていたら、プチッと切って終わり。
チキショー!保険金が出ないんか〜い!と言うくらい軽度で、
人生3度目の死に損ないになりました(笑)



簡単に言うものの、そん時は「もし」とか「だったら」ではなくて「だった」とか「でした」と言う結果を想定しながら、覚悟を決めて色んな事を真剣に見つめ直して考えてたら、なんかよく分からないけど、だんだん気持ちのゆとりと言うか、
う〜ん、、、なんか上手に言えないけど、、、。



なんやろ、そう去年の12月からも自分の中では何か流れが変わって来ていて、仕事?結婚?出産?離婚?老後?出会い?別れ?みんなそれぞれに色んなターニングポイントみたいなところから第二の人生みたいな新しくスタートするような感じではなくて、
今の人生で二番目や三番目の生き方があればそれでいいし、
無ければ考えて見つけて行かないとつまらない。
って考え方に変えてから楽しくやれて来ています。



誰しも人生そりゃ色んな事はありますよ、それでもなかなか一筋縄では行かないけど、それもこれも振り返ればあの人だったりこの人だったりと思うところが沢山あり、みなさんありがとうございます。と思っています。

憚りながら、この歳になってからも恥も外聞かなぐり捨て、身分も拘りも棄てながら、人生、前を向いて進まないと何が起こるかか分かりまへん!これが46年目の成長だ!変化だ!心境だ!なんてことを言っていますが、まだまだよく分かっていませんので、今後ともお付き合いのほど、よろしくおねがいいたします。

ちなみに、僕の知っている人で6月1日から6日まで誕生日が続いているので、7日生まれの7人目の人と知り合えれば何かいい事がありそうな気がしてます。



日記・一般
| FUJIFILM X100T | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Life and time


今更だけどレイ・チャールズって
「Song for you」も歌っていたんやね、知らなんだ。
シンプルでとても伝わりやすい歌詞でいい歌で
もし女だったら男からこんなことを言われたら、
イチコロ、ニコロ、サンコロと、コロコロしっ放しかも。

曲を聴きながらタイトルの言葉だけを
イメージしてこんな事を考えみた。

今までいっぱい苦労も重ねて頑張って働いて来て、
「その代わりに自分を犠牲にして」と言う言葉は
嫌いだから使わない代わりに、
きっとたくさんの人達を楽しませてきたはずだから、
そろそろ自分達の新しい幸せに
楽しく過ごす時間を使ってもバチも当たらないし
誰も言わないと思うし、
よく知る人達はそう願っていると思うよ。

あっ僕ですか?
最近はあっちは時間が掛かるけど、
こっちは珍しく調子がいいみたいなので。
逆に後が怖いなぁ、、なんてね〜。

ちなみに、男は右で女は左派です。

日記・一般
| FUJIFILM X100T | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
no more lonely nights


毎年この時期になると1,2回は昼も夜も温度は変わらず
雪が薄っすら積もる自宅前。

地元にあるギャラリーから出展案内のお誘いがあったけど
テーマに沿った写真で出展して満足できるほどの作品が無くて、
今回はこちらからお断りしまして。

春頃には別のグループ展に5点から10点くらいで
参加する予定なので、それまでお勉強中。

もう一ヶ月経って明日から二月かぁ早いなー。

日記・一般
| FUJIFILM X100T | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Something You Like
DSCF0750.jpg

理屈並べてなんだかんだと言う
面倒な話しはもうどうだってよくてね。

日々日常をを過ごす中で自分が自分であるために
必要なことは作法とか手法だけと思っていて、
そこに自分が好きなルールを作っているだけで、
それって簡単に言ったら「自分の好み」なのに
これは良くてこれは駄目のような
「是非論」みたいな事は
無関係だと思っているところがあるので。

職場近所の公園で寒いのに
よく中学生がギターで聞きなれた曲を練習しているから、
「ビートルズ好きなんや、
ギター弾くと意外とすんごい難しいよなーって」
声をかけてみたら
「はい、今日はブラックバードの練習です!」とか言われると、
ゲッ!ませてる!
でもその曲を選んだこの子は、きっとえぇ子や!
と思いながら、その場で早速iTunesでダウンロードして
二人で聞き流しながら
「あれ?ここAのセブンスからマイナー入る?入ってる?
もう一回聞いてみよう」って
意地になってコードを探ってみたり。

好きになって夢中なるのってそんなんでいいと思う。
大人になったら忘れちゃうんよね〜。

日記・一般
| FUJIFILM X100T | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Way over yonder


自分回帰

なんか踏ん切りがついたと言うか、
開き直ったと言うか、
軽くなって楽になった。

時間が掛かってしまったけど
ただあるものは、
ピンでちょこっと刺しとけばいい。
やっとそう思えるようになった。

ありがとうございました。

僕の気持ちは、
もうそっちへ向かっている。



日記・一般
| FUJIFILM X100T | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
cold,cold winter


午前1時過ぎ
寒さでちぎれそうな耳を塞いで
遠くから見えた場所は
寒々とした冬の空と桜の木

目を閉じても
遠くから手を振る人がいることで
少しは温まるのでは。

春まで遠いけど
桜が咲いたらきれいだろうなぁ


日記・一般
| FUJIFILM X100T | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
waiting on an light

偶然と思うけど、三色点灯!



踏切とか線路ってなんか好きで
電車が来るのを待っているのも好きで
通り過ぎる電車の乗客を眺めるの好きで



線路を眺めているといつも不思議に思うのは
線路の幅は変わらない筈なのに
なんで線路の先がだんだん狭くなっていくの?
答えは目の錯覚って知っているけど
いつも同じことを考えてしまう。


日記・一般
| FUJIFILM X100T | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Come On Over


いつもほぼ、ブレてボケてます。
でも普段から目で見えているのは
いつもこんな感じなのです。

ポジションは低くてヘソから下、
アングルは水平よりチョイ上げで
正面が多い

たまにはシャープでサステインが効いたような
スコーンと抜けた感じも
好きなので撮りたいけど
そんな風に見えてないので。。。



どちらかと言うとその時の
残響の減衰や余韻を感じる方が
しっくりくるのが本当のところ。


日記・一般
| FUJIFILM X100T | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Stand up little girl
DSCF0883-5.JPG

午前2時の徒然

暖を取れる場所もないので
朝までひたすら歩く。

時間を持て余すと「暇」と言う病気にかかり
余計なことを考えたりすので
なんでもいいから動かないとあきません。


日記・一般
| FUJIFILM X100T | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Hold on little girl


夜になるとなんにも無いです。
20時を過ぎるとお店も閉まってしまうし、
ゆっくりお茶も出来るところも無い。



でも小さな街なので明かりが少ないから
静寂の夜空の星がよく見えてきれいだった。
この写真じゃ分かり難いか・・・


日記・一般
| FUJIFILM X100T | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/42PAGES | >>